シルビア買取 会社口コミ RX-7買取 ちゃんねるなな動画 GT-R買取 みんなの脱毛研究所 トヨタ86買取 なんでもランキング 今週の最新情報 最新情報はコチラ サイトはこちら最新 通販情報 結婚相談・婚活

株式会社フォーカスシステムズ 評判


株式会社フォーカスシステムズの評判をまとめてみた!

株式会社フォーカスシステムズってどんなとこ?

株式会社フォーカスシステムズは、東京品川区にある日本のソフトウェアパッケージの開発・販売会社です。
代表取締役社長 森啓一氏が務めています。
2016年に東京証券取引所市場第1部に上場しています。

事業内容としては、

  • コンピュータシステムのコンサルティング・受託開発
  • システムの保守・運用管理、技術支援
  • 情報セキュリティ関連技術・商品の開発・販売
  • ソフトウェアパッケージの開発・販売
  • Webコンテンツの企画・制作
  • その他、各種コンピュータ関連事業

などを行っています。

最近、情報サービス業界では、マイナンバー対応やIoTなどの動きを背景に、
情報システムに関する投資意欲は回復傾向が続いているにもかかわらず、
人材不足という状況が続いているそうです。
しかし、「公共関連事業」「民間関連事業」「セキュリティ機器関連事業」
それぞれで事業環境・得意分野の異なる特性を活かし、
人材育成・採用の強化、取引深耕、新規事業・自社製品の創出、
そして組織間の連携強化による経営方針に掲げ、事業活動をしているようです。 1

社長のメッセージ 2 からも見て取れるように、社員の「人間性」を重視した会社です。
社員同士の調和・団結によって、社会から信頼され、必要とされる会社となる事に繋がると考えており、仕事に対する情熱、人に対する思いやりを大切に、優れた技術力や製品、サービスを提供することで社会に貢献するしているそうです。
とても仕事のやりがいを感じれそうな環境だと思いました。

評判,社風,先輩社員の口コミをまとめました!

■ 残業や休日出勤について

配属先によってはぜんぜん残業や休日出勤もないようです。 3
多忙なプロジェクトに配属となると月75時間残業もありえるそうです。 4
よくあるのは、派遣先でお客さんに頼まれることで、休日出勤や残業が増えるようです。
ものづくりの現場においてよくあることに思えます。
ただ、会社的には土日祝日休みで、休日出勤しないように指導しているようです。
残業代も15分単位で支給されるとのことです。 5


■ 年収・給与について

給与は一般的であるようだ。しかし、役職と一般社員では大きな差があるようです。
ただ、残業代が支給されるので、一般社員も残業代を加味するとそこそこの年収になりそうです。あと、昇給しにくいという意見もちらほら見受けられます。 6
役職につけるように自分の存在をかなりアピールしなければ年収アップは厳しいのかもしれないです。
ついた上司によっての当たり外れも指摘されている。それは、どの企業でもいえることではないでしょうか?


■ 福利厚生・オフィス環境について

保険組合の特典サービスは充実しているようです。
また、会社で「団体長期障害所得補償保険」(在職中に病気やケガにより働けなくなった場合に、収入の一部を補償する保険)に加入しているのでもしものときに収入0にはならないように配慮がなされています。
この点から、福利厚生はしっかりした企業かと思います。

休日出勤した際の代休は取得可能です。しかしリフレッシュ休暇というものはないようです。
有給申請は、上司、関係者に仕事の引き継ぎをちゃんと行えば取得できる雰囲気だそうです。 7
ただ、おそらくですがプロジェクトの状況など自分で見たうえで申請しないと他の人に迷惑かかると思われます。
常識の範囲内であれば理解のある社風かと思います。

退職金は確定拠出年金です。以前は勤続年数によって、休暇と一定額がもらえたそうですが廃止になったしまったそうです。これも時代の流れでしょうか。 8


■ 社内教育・研修制度について

新卒で入社した場合、1年間のOJTや入社3年目まで研修が設定されているようです。 9
新人教育制度はしっかりしているのではないでしょうか?
また、外部機関の研修なども申し込むことが可能です。もちろん費用は会社持ちです。 10
スキルアップを望むものには、会社が支援してくれるので良い環境かと思います。
逆に受け身姿勢のまま仕事をするという姿勢ではスキルアップもおろか給与面でもアップは厳しく感じました。


■ 強み・将来性について

セキュリティー事業に取り組んでいるので、現在IT系でニッチな事業であり、十分に将来性があると思われます。
また大手IT企業の下請けのためよほどのことがない限り解体がないだろうと考えられているので強みと見ています。
システム系の案件の場合、稼働終了するまで保守・更改が必要になるので、まったく仕事がなくなることはないのも強みの一つです。
ただし、システム案件が減ってきて、運用・保守業務へ移行してしまった時、人員削減されるのではないかと囁かれているのが不安要素のひとつのようです。 11
また、固定客がいないため、失注が多いと単価を下げてでも案件を取らざるを得なくなるという悩みもあるようです。 12
どこの企業も同じですが、現状に甘んじていては発展できずにどんどん厳しい状況になっていくようです。 13


■ 仕事・キャリアについて

大多数の人が仕事にやりがいがないと言ってます。
ですが、常駐先での仕事内容によっては、成長ができ喜んでいる人もいます。
落ち着いてひとつのことに取り組んでいきたいタイプの人間はこの企業は向いていません。
上司の都合により、身につけた専門的な知識とは関係ないところへ異動もありえます。
臨機応変に対応できるスキルが求められると思います。
また、プロジェクトによっては激務がほどんどなため、年齢をとると現場で働くのは厳しそうです。 14
いろいろなことに興味を持てて仕事に取り組める人は、転職に有効なスキルを身につけていけるようです。 15


■ 社会貢献について

公共系システムなどに携わるため、社会的貢献しています。
また、障害者雇用などの活動も取り組んでいます。
暗号化システムのソフトに着目した案件もあるそうです。 16